その目的と意味からデザインと色や文字の秘密まで!ロゴマークの疑問を全部解説!

企業が注力するロゴマークとブランドの秘密をすべて解説!

基本から解説!そもそもロゴって何のこと?

企業が自社ブランドや製品を示すための、いわゆるロゴマークとは、基本的にロゴタイプとシンボルマークを組み合わせて図案化したものを指す和製英語です。
ロゴタイプとは企業や団体、商品名などの文字列をそのまま図案にしたもののことです。
商品のパッケージにある商品名の文字が、そのままユニークなデザインになっているのはよく見かけますね。
一般的にはロゴと略されることも多いです。

すなわち企業や商品のイメージを図形化したシンボルマークと、その企業名、商品名などのロゴタイプを組み合わせて、見る人に一目で企業や商品の名前とイメージを印象付けるものがロゴマークなのです。
最近ではシンボルを省略、または文字に対して小さくして、企業名などをデザイン化したロゴタイプがメインになったものもロゴマークと呼びます。

なぜ企業はロゴマークに注力するのか?

企業がロゴマークに注力するのは、会社名や自社製品にロゴマークを用いることで、ブランディングの効果が得られるという理由からです。
ロゴマークによる社名や製品のブランド化で、製品のイメージを強く印象付け、他社と区別できる、他社製品との差別化の効果があります。

またブランド名とその品質が広まることで、顧客がふたたび同じブランドを選ぶようになる選択の意思決定の単純化。
ブランドへの親近感や信頼性を持ち、ブランドそのものに価値を見出すユーザーの顧客化。
また顧客が価格やコストパフォーマンスだけでなく、ブランドに価値を見出すことでの価格競争の回避。
ブランドを愛好する顧客を広め、リピーター化や口コミで広まることによるプロモーションコストの削減など、企業によって数々の利点があります。

そのため、企業は自社ブランドの象徴となるロゴマークのデザインに注力するのです。



ページ
先頭へ